年会費無料で持っているだけでOK!JCB EITカードの海外旅行保険

2016年2月22日JCB EITカード, エポスカード, 海外旅行保険

こんにちはレセピです以前紹介したエポスカードですが実はJCB EIT2枚持つことによって海外旅行時の治療費を合算することができます!

▼いますぐ公式ホームページで確認したい人はこちら▼

治療費の合算が可能

海外旅行時の保険が自動で付いてくる

エポスカードと同じくJCB EITカードも持っているだけで海外旅行時の保険が自動で付いてくるカードです。エポスカードとの2枚持ちで治療費を合算することができます。

 

エポスカードとJCBカードの保険内容

カード 傷害治療・疾病治療保険金 個人賠償責任 携行品損害 救援者費用保険金 死亡・後遺障害保険金
エポスカード 150万円 2000万円 20万円 100万円 2000万円
JCBカード 200万円 2000万円 10万円 200万円 500万円
合計 350万円 4000万円 30万円 350万円 2000万円

(所有しているカード一枚の最高額のみ)


JCB EITカードとエポスカードの2枚持ち
の注意点

死亡した場合や後遺障害などが残った場合の保険金は合算されない2枚持ちによって補償が合算できますが注意点があります。

それは死亡した場合や後遺傷害が残った場合に支払われる保険金は複数枚のカードを持っていても合算されないことです。

持っているカードの中で一番補償額が高いカードの補償額のみ適応されるので、今回の2枚持ちの場合エポスカードの2000万円が保険金支払い金額となります。

リボ払い専用カード

リボ払って聞いたことがある方がほとんどだと思います。通常カード支払いの場合支払い回数を聞かれると思いますが、JCB EITカードの場合決済が全て複数回で支払うリボ払いになります。

大きい買い物の時は毎月の支払いが便利ですが手数料が発生してしまうのでもったいないですね。もちろん不要な手数料が発生しないように変更することも可能です。

▼JCB EITカード公式サイトで詳細確認、申込はこちら▼

さいごに:賢く併用するとお得

様々なクレジットカードがありますがそれぞれ賢く選んで利用する必要があります。JCB EITカードは利用しなくても海外旅行保険が自動適応されるクレジットカードですがリボカードの為手数料が発生(簡単に回避可能)します。

カードのメリットとデメリット両方のポイントを押さえて賢く利用していきたいですね。

年会費無料で持っているだけでOK!エポスカード海外旅行保険の記事

FacebookTwitterで最新の記事を随時アップしていますのでいいね!やフォーローお待ちしています♪

いいね ! で最新の記事を
チェック ♪

Posted by レセピ