携帯料金が半額に?!格安SIMのメリット・デメリットをやさしく解説

2016年2月22日携帯料金, 格安SIM, 格安携帯

携帯電話にいくら毎月支払っていますか?おそらく月6千円以上支払っている方がほとんどではないでしょうか。

携帯電話料金は毎月発生する固定支出の為、年間で計算するとかなりの金額に膨れ上がります。さらに家族で利用している場合は台数分かかってきますよね。

こんにちはレセピです今回は携帯電話料金の削減ができる格安SIMのメリット・デメリットを解説します。

そもそもSIMとは

スマートやタブレットで利用できる格安な通信サービスです。SIMカードという小さなチップをスマトーフォンやタブレットに挿すことでデータ通信や音声通話が使えるようになります。

また大手のドコモやauなどから回線を借りているため通信エリアや品質も比較的安定しています。

メリットとデメリット

大手より格安で利用出来る格安SIMですが、ドコモなどの大手の携帯電話会社に比べるとデメリットやメリットがあります。

まずはデメリットから知りたいですよね、

デメリット

申込が店舗ベースではなくオンラインや電話が中心

店舗を設置するとどうしてもコストが発生してしまうことを考えると仕方ないですね。

私の最寄り駅にもドコモショップはありますがあまり人がいるのを見かけたことがありません、実店舗ってサポートが主な業務になるんですかね。

 

困った時に直接対面で説明を受けれない

スマホはいろんな機能が利用できる分、わからない事も増えてきますよね。そんな時に直接質問できれば便利ですが、格安SIMの場合電話やメールで説明を受けることになります。

私の父と母も格安携帯を利用していますがメール(LINE)と電話以外の機能を利用する時は周りの人に聞いているようです、それでもカメラの使い方程度なんですけどね。

 

キャリアメールが利用できない

格安SIMを契約してもほとんどの会社では基本的にメールアドレスは提供されません。しかしGmailなどの無料メールアドレスがあるのでこの点は問題ないですね。

 

本体を購入の場合一括での支払いがほとんどの為本体代が高くなる

大手の携帯会社は本体代が一括0円や実質0円など携帯ショップや電気店でよく見かけますよね、最初の本体代を安くしてより長く月6千以上使ってもらうので採算がとれるのでしょうね。

反対に格安SIMは電話本体と通信するためのSIMカードが別々に取り扱われ販売されています。最近は電話本体とSIMカードのセット販売も増えてきて便利になりました。

メリット

コスパが良い

携帯料金は毎月出て行く固定支出ですから節約したいですね。格安SIMは今まで大手で支払っている金額の約半額程度で使用できるプランがほとんどです。

 

今までの電話番号もそのまま使える

大手同士の乗り換えと同じで今まで利用していただ電話番号をそのまま利用することができます。移行手続きも電話もしくはネットで完結できスピーディに移行可能です。

 

2年間縛りなどが基本的にない

大手で携帯電話を購入すると27ヶ月間契約になることがほとんどですが格安SIMの場合は最低契約期間が設定されていないもしくは1年以下など大手より条件がかなり易しいです。

格安SIMの選び方

先月の携帯電話料金いくらだったか確認していますか?おそらくほとんどの方がチェックしていないのではないでしょうか。格安SIMを選ぶに当たってポイントがあります。

毎月の利用データ量及び通話料金格安SIM会社が提供するデータプランは多様で大携帯電話会社よりも、より細かくデータープランを選ぶ事もできます。

また通話料金もアプリを通して通話した場合は半額になるなど通話をたくさんする人もお得に利用できます。

キャンペーン

格安SIMは多くの会社がキャンペーンを実施している状況で例えば契約手数料無料や最初の3ヶ月基本料無料など様々な

キャンペーンが行われています。契約時には注意事項等も確認しながらお得なキャンペーンを利用したいですね。

実店舗のある会社

格安SIM会社にも最近は実際の店舗を持つ会社が増えてきました。まだまだ大手と比べると数は少ないですが、例えばイオンモールにもイオンモバイルが提供している格安SIMがあります。直接対面で契約やサポートを希望する人にはやはり実店舗がある会社がオススメです。

通話をする場合は音声通話対応SIMを選択

格安SIMには大きく分けるとデータ通信専用SIMと音声通話+データ通信可能なSIMの2つがあります。

データ通信専用プランでもLINEなどで通話することはできますが110や119番などの緊急電話に発信することができません。

音声通話対応SIMは普通に電話をかけることができますので110や119番にも電話できます。

おわりに:契約の時はキャンペーンだけでなく総合的に検討を

私は格安SIMはデメリットもありますがそれ以上のメリットがあると思っています。

携帯電話は一旦契約すると長く利用することになるので契約時のキャンペーンだけで判断せず総合的に検討して契約しましょう。

この機会に大手の携帯電話会社を利用の方は固定支出を減らすためにも格安携帯へ乗り換えを検討してみてはいかがですか。

▼格安SIMのDMMモバイルを実際に契約した記事はコチラ▼

https://savingrecipe.com/mvno-dmm

▼格安SIMのmineoを実際に契約した記事はコチラ▼

【mineo】毎月約5000円節約!格安SIMマイネオの契約方法を画像付きで解説

FacebookTwitterで最新の記事を随時アップしていますのでいいね!やフォーローお待ちしています♪

 

いいね ! で最新の記事を
チェック ♪

Posted by レセピ