【イギリス】入国カード記入方法と登録旅行者制度を解説!

2016年3月3日イギリス, 入国カード, 入国審査

日本を含め外国人が他国に入国する場合は入国カードの記入が必要となってくる国がほとんどです。さらに事前に登録する事で入国審査官と話す必要がなくゲートを通過するだけのサービスも有ります。

こんにちはレセピです今回はイギリスの入国カードの記入方法及び事前旅行者制度(Registered Traveller Service)について解説します。

日本以上に厳しい入国審査

イギリスの入国審査はかなり厳しい

私の経験上ですがイギリスの入国審査はかなり厳しい方だと実感しています。特にヒースローでは毎回かなり質問をされています。

特に質問される内容として、帰りのチケット(航空券)を求められるだけでなくそのチケットをどう支払ったかまで質問されました。

忘れず用意しておきたい各種書類

まず最初にイミグレーション(入国審査)時に英語が話せる必要は有りませんのでご安心ください。しかし、書類の準備だけは

しっかりとしておいた方が安心です。例えば航空券(e-ticket)やホテルの予約書類など観光であることを証明できれば何も問題有りません。

入国カード(LANDING CARD)の記入方法

こちらがイギリスの入国カードです。上から簡単にですが訳していきますね。

Family name:
First name:
Sex: 性別(男:M・女:F)
Date of birth: 生年月日(日・月・西暦)
Town and country of birth: 出生地
Nationality: 国籍
Occupation: 職業
Contact address in the UK: 英国での住所(ホテル名)
Passport number: パスポート番号
Place of issue: パスポート発行国
Length of stay in the UK: イギリス滞在期間
Port of last departure: 搭乗地
Arrival flight: 到着便名
Signature: 署名

この入国カードを持ってNon-EUのレーンに並び、審査官にはホテルの予約書と航空券も一緒に提出しましょう。

便利!事前旅行者制度(Registered Traveller Service)

 

自動入国審査ゲート

イギリス入国時には事前に登録する事で通常の入国審査ではなく自動入国審査ゲートを通過するだけで入国できるシステムが有ります。

私の友人がこのサービスを利用していますが、現時点で利用者がまだ少ないためほぼ待ち時間0で終了しその後荷物のピックアップまでスピーディーに行えます。

事前旅行者制度(自動入国審査ゲート)の主なメリット

自動ゲート利用可能

LANDING CARD(入国カード)の記入不要

EU(EU市民用)レーンを利用可能

Birmingham, East Midlands, Edinburgh, Gatwick, Glasgow, Heathrow, London City, Luton, Manchester and Stansted airports

これだけでもかなりのメリットですね。ただサービス内容が突然変更される可能性があるのでUK BORDERのホームページ等で事前に確認したほうが良いですね。

利用登録対象者

You must be 18 or older and have a passport from:

  • Australia
  • Canada
  • Hong Kong (only if you have a Special Administrative Region passport)
  • Japan 
  • New Zealand
  • South Korea
  • Singapore
  • Taiwan (only if your passport has your personal ID number on the photo page)
  • the USA

You must also have a visa or have visited the UK 4 times or more in the last 24 months.

https://www.gov.uk/registered-travellerより引用

条件としては18歳以上上記出身国(日本人対象)生体情報(ICチップ等ついた)パスポートを保持し過去24ヶ月に4ヶ月以上イギリスに入国していれば登録することが可能です。

費用

How much it costs

It costs £70 to apply to use the service for 1 year. You’ll get £50 back if your application is unsuccessful.

If you’re already a member and you get a new passport, you’ll need to pay £20 to update your passport details. Updating your visa information is free.

You’ll need your passport number and expiry date, and a debit or credit card to pay online.

You’ll get a decision on your application within 10 working days.

https://www.gov.uk/registered-travellerより引用

70ポンド(1年あたり毎年必要)

登録不可の場合50ポンドのみ返却

すでに登録済みの場合でもパスポート更新のため登録更新する場合20ポンド

ビザの各種更新時に発生する登録更新費用は無料

新規登録の際はパスポート番号及びパスポート有効期限の記入が必要で、登録費用の決済方法はデビットカード及びクレジットカードが利用可能

申請完了から10日以内に審査結果が出ます

おわりに:より厳しくなる入国審査

以前から日本と同じ島国イギリスの入国審査は厳しいことで有名でしたが、最近の難民問題の影響で今まで以上に入国審査が厳しくなっています。

私は最低年1回はスコットランドのエディンバラ空港を利用していますが入国審査時には込み入った質問をされます。特に私がよく利用するトルコ航空の発着便に合わせてさらに審査が厳しくなっているようで、エディンバラ発イスタンブール行きを利用する際には入国管理局のスタッフらしき方が他の出発ゲートよりも明らかに多くイスタンブール行きの出発ゲートに配置されていました。さらに搭乗開始後飛行機に向かう途中のボーディングブリッジにも数人配置されていて、日本では見ない光景でした。

イギリス入国時にはe-ticket(書面)及び滞在先ホテルの書類をパスポートと入国審査カードと一緒に提出するとスムーズに審査が終了しますので、忘れず各種書類の準備を行いましょう。

FacebookTwitterで最新の記事を随時アップしていますのでいいね!やフォーローお待ちしています♪

いいね ! で最新の記事を
チェック ♪

Posted by レセピ