為替手数料無料のTransferWise(トランスファーワイズ)海外送金方法を画像付きで解説

海外に送金するのは手数料が高いイメージがりますが、イギリス発祥のトランスファーワイズなら格安の送金手数料で海外送金を行う事ができます。

こんにちはレセピです♪今回はトランスファーワイズを利用して実際に海外送金する方法を解説します。

スポンサーリンク

トランスファーワイズの仕組み

直接海外送金をしない

例えば上の図でドイツに住んでいるキャサリンさんがイギリスに住んでいるジョンさんに1000ユーロ相当の送金をする場合、キャサリンさんはドイツのトランスワーイズの口座に1000ユーロを振り込みます。数日後にその後ジョンさんは1000ユーロ相当のポンドをイギリスのトランスファーワイズから受け取ります。

つまりドイツに住んでいるキャサリンさんはイギリスに住んでいるジョンさんに直接海外送金をするわけではなく、それぞれトランスファーワイズが間に入り仲介する仕組みです。

格安の手数料

トランスファーワイズが特定の利用者をマッチングさせるわけではないですが、希望する通貨や金額をマッチさせ国内取引で完了する事で為替手数料が発生しません。その為、他の送金業者と比較しても送金手数料だけで海外送金できるので格安で利用する事ができます。また、1回あたり100万円まで送金することができます。

実際に発生する手数料は1.5%(最低手数料500円)と他社と比較しても格安です。私がよく利用するのが日本円→イギリスポンドへの送金ですが、イギリスポンドは米ドルと比較するとかなり多く為替手数料が発生します。トランスファーワイズなら為替手数料が発生しない分お得です♪

公式HP送金手数料詳細

送金にかかる時間

私は今までに何度か日本円→イギリス・ポンドへの送金をしましたが、実際に着金するまでの時間はだいたい3-5日程度でした。送金する通貨、時間、曜日によって送金にかかる時間は変わってくるようです。

実際の海外送金方法

右上にある緑のボタンを選択

送金する金額・通貨を入力及び選択後、受取人の通貨も選択します。その後着金予想日時が表示されます。今回私が送金を行なったのが11月24日で、着金予想は日時は11月28日月曜日と表示されました。着金予想日時はあくまでも目安で、以前私が送金した時は1日遅れで着金しました。

以前に受取人を登録したので2回目からの振り込み時には上のように、既存の受取人欄に受取人が表示されます。

送金額・通貨、送金人、受取人を確認したら送金の目的を選択

規約確認後、合意にチェックを入れます

トランスファーワイズの上記の銀行口座に振り込み後、振込を完了しましたを選択

三菱東京UFJ銀行のネット送金を利用予定の人はワンタイムパスワードカードが必要です。

三菱東京UFJ銀行ワンタイムパスワードカードの記事

以上で送金処理は終了しました♪意外と簡単にできますよね。

入金確認は数時間から数日で終了します。私の場合だいたい日中なら2-3時間程度で確認は終了します。また送金依頼をキャンセル希望の場合この時点ならまだキャンセルは可能なので赤色の送金依頼をキャンセルするを選択します。

おわりに:海外送金にはマネートランスファーワイズ

私は年に数回海外へ送金する必要があるのですが、送金する度に送金手数料と為替手数料が高く困っていました。

マネートランスファーワイズは手数料1.5パーセント(最低手数料500円)のみで海外送金が行え、今まで発生してた為替手数料も発生しないのでお得に利用できます。

海外送金をする際はマネートランスファーワイズを利用することをオススメします♪

マネートランスファー公式HP

FacebookTwitterで最新の記事を随時アップしていますのでいいね!やフォーローお待ちしています♪

あわせて読みたい

シェアする

フォローする