【撤退】トルコ航空が関空ーイスタンブール線を撤退

2016年10月31日特典航空券, トルコ航空, 関空撤退

アジア路線からのフライト増便が相次いでいる関西国際空港(以下関空)ですが、今回長距離路線を運行しているトルコ航空が関空-イスタンブール路線を運休することになりました。

こんにちはレセピです♪今回は運休が決定したトルコ航空の関空-イスタンブール線について詳しく説明していきます。

減便から運休へ

turkishairlines-kix

減便:2016年10月30日〜

現在(2016年29日時点)は関空ーイスタンブール間のフライトは毎日1便、週7日のスケジュールで運行されています。2016年10月30日からは週4便のスケジュールで火・木・金・日に変更されます。

運休:2017年2月〜

2017年2月からは運休となり、トルコ航空の日本路線は東京・成田のみとなります。

2016年に起こったトルコ国内のクーデター事件など様々な要因があるかと思いますが、ヨーローパや北アフリカ行きの運賃が安くてマイルも貯まる為、私もよくこの路線を利用していたので今回の運休決定はすごく残念です。

減少する関空発の長距離線

turkishairlines-kix

2015年3月・アリタリア航空ローマ線撤退

アリタリア航空が運航するローマ線が撤退になり、人気観光地が多くあるイタリアへのアクセスが不便になりました。以降は東京を経由するか第3国を経由してのアクセスになりました。

2016年3月・カタール航空ドーハ線撤退

中東・ドーハと関空を結ぶカタール航空もアリタリア航空の撤退の約1年後に撤退となりました。カタール航空はドーハ経由でヨーロッパやアフリカ地域へのアクセスが非常に良く私も何度か利用しました。

私が利用した主な路線はスコットランド・エディンバラへの路線で、途中ドーハ空港での乗り継ぎがスムーズに行えたのを覚えています。

2017年2月以降のヨーロッパ路線

2015年からヨーロッパ路線の撤退が相次いでいる関空ですがまだヨーロッパ路線はいくつか残されています。

  • フィンエアー・ヘルシンキ
  • ルフトハンザ・フランクフルト
  • エアーフランス・パリ
  • エミレーツ(中東経由)・ドバイ

2017年2月からは3路線のみの運行となり、エミレーツ航空のドバイ経由を合わせると実質4路線になりますね。

ちなみに日系のANA・JALは関空ーヨーロッパ路線は1路線も運行さておらず、日系を利用したければ必ず東京経由となります。数年前にJAlが以前運行していた関空ーロンドン線を再開するかも?というニュースがありましたがもう再開しそうではなさそうですね。

関空発特典航空券の今後(スター・アライアンス)

ヨーロッパ直行便はフランクフルトのみ

turkishairlines-kix

トルコ航空やANAはスター・アライアンス(航空連合)へ加盟していますが、今回トルコ空の関空ーイスタンブール線が撤退になり関空発ヨーロッパへの直行便きは、ルフトハンザ航空のフランクフルト便の1路線のみとなります。

ヨーロッパ路線(経由)はソウルなどのアジア路線、伊丹発の東京(羽田・成田)経由で利用することになりそうです。

特典空席減少

今後予想される1番の問題は確実に空席が少なくなることだと思います。カタール航空撤退後はエディンバラへの旅行はトルコ航空を利用していますが、その1番の理由としてトルコ航空の特典航空券用座席は比較的空いている為です。出来ればエディンバラへより早く到着するルフトハンザ航空のフランクフルト便を利用したいのですがなかなか空席が見つかりません。

ルフトハンザ航空の特典座席

lufthansa-kix

関空からヨーロッパへの唯一の直行便になるルフトハンザ航空の特典座席は、出発間際(2週間前後)になって利用可能になる事がほとんどです。その為ギリギリまで旅行のスケジュールが決めれないといったデメリットがあります。

数年前のクリスマスにルフトハンザ航空の関空ーエディンバラ便をビジネスクラスで利用しましたが、この時も出発希望日の約1週間前になってやっと空席になったのを覚えています。

東京経由orアジア経由

伊丹発のANA便で羽田・成田で乗り換え、もしくはソウル(アシアナ航空)・上海や北京(エアーチャイナ)などのアジアを経由して向かうことになります。

ヨーロッパ行きの特典座席の空席が最も多いのがエアーチャイナです。特典座席を検索する時は必ずと言っていいほど空席表示されています。今後はエアーチャイナを利用する機会が多くなりそうですが、私はまだエアーチャイナを利用したことがないのでもし搭乗したらまたブログにアップしまね♪

おわりに:トルコ航空の再開を期待

現状関空のアジア路線はLCC就航で充実してきていますが、ヨーロッパやアメリカなどの路線は数路線しかない状況です。

今回のトルコ航空の関空撤退でさらにヨーロッパへの選択肢が減り、今後も他路線で撤退が相次ぐ可能生も無いとは言えません。

今後は出来るだけ関空発のヨーロッパ直行便を利用して応援したいと思います♪

FacebookTwitterで最新の記事を随時アップしていますのでいいね!やフォーローお待ちしています♪

→旅行情報ブログ・「旅行レセピ」開設のお知らせ

いいね ! で最新の記事を
チェック ♪

Posted by レセピ